読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は希望

どんな時も君がいることを信じてまっすぐ歩いて行こう

中山優馬Chapter1歌おうぜ!踊ろうぜ!YOLOぜ!TOUR DVD感想③

これで最後です。
ひたすらIn The Name of Loveとオーラスの様子のことをドキュメンタリーの映像も含めて書いています。
 

▽In The Name of Love

ここは本編ではなく、私が見てきた大阪のオーラスの映像で書き残したいと思います。
 
なんていうか映像で見てもエモさも物語性も強すぎて、生でコレ見ててよく今生きてんなって今でも思います。
現場で見たときもすごかったけど、映像で見ると優馬くんの表情がほんっとによく分かってよりやばかった。
あんなにお瞳めおっきく開いて驚いてたんだなーって、しかもその後嬉しそうにはにかむんですよ( ; ; )( ; ; )優馬くんのただでさえ大きい瞳が素直に見開いた瞬間からもう胸がギュッてなってやばいですよね。
最初に会場入る時にサプライズの用紙もらったときは大丈夫かなーほんとに出来るかなーって心配だったし、私自身も正直知らない人と手を繋ぐのは緊張するな、と胃をキリキリさせてたんですけど、いざその時がきたらほんっとに自然に誰も何も言わずに手を繋ぎはじめて単純にうわーこの空間すげー!!ってすでにもう満たされたのをすごく憶えている。
まとくんも言ってたけど、(優馬くんにはたぶん届いてないw)優馬くんの力だなって。優馬くんにこの景色を見せてあげたいっていう、たくさんの想いの力だなって。こんなにたくさんの人が同じ気持ちで手をつなげる空間を作ったのは紛れもなく優馬くんなんですよ。素敵なものをみせてくれた優馬くんだから、このツアーをこんなにも全力で作り上げてくれた優馬くんだから、何かしたいって気持ちにさせた、優馬くんの力なんですよ。
それって本当にすごいなあって。こういろんなしがらみとか緊張も飛び越えさせる優馬くんって尊いなあって。
こんなに真っ直ぐな思いがぜんぶ優馬くんに向かってるのってすごいなあって。そう思いながら私も手を繋いでいました。
言っときますけど、まだうた始まってませんよ(笑)
もうこの時点でこの文量書けるのに、本番はここからなんです。もっともっとすごいのはここからなんですよ。
いっつも力強く歌ってくれる太い優馬くんの声が、どんどん揺れていって。
客席を見渡すおっきな瞳が潤んでいって。
「ずっとずっと待っていたんだこんな日が来ること」って歌詞で歌声が詰まるんです。
ちょっとストーリー性ありすぎじゃない!!!?(号泣しながら)
この歌詞でつまずく優馬くんも、「分かるだろうこんなに楽しいんだ」で持ち直す優馬くんも物語が過ぎるよ……!!
そんな優馬くん見なくてもこっちはもう泣く用意万端みたいな気持ちだったけど、まさかあの優馬くんが泣くと思わなくて、あの優馬くんが声詰まらせるとか思わなくて、今まで1度も見たことない優馬くんだったから単純にすごく驚いて、冷静にもしかして今すごい瞬間に立ち会ってる……?って呆然と思ってました。男の子があんなに純粋に泣くとこなんてドラマでしか見たことなかった。
優馬くんが待っていた「こんな日」って今この瞬間なのかなあと思うと嬉しいし、「こんなに楽しいんだ」で笑ってくれた優馬くんをみるのはもっと嬉しい。
なんかね、傍から見ると宗教感強いんだろうなー(笑)とか冷静な自分もいるんだけどね、それもどうでもよくなるくらいこの時は優馬くんが喜んでくれればいいと思ってたから、ほんとにあの生の雰囲気はすごいよなあ。
そしてfunky8とハイタッチするところで膝から崩れ落ちて泣くまでがマストです。
おいめっちゃみんないい顔してるやないか〜〜〜( ; ; )( ; ; )あれはない……あれはずるい……もうエモ死しかない……( ; ; )( ; ; )
リチャードォォオオ( ; ; )( ; ; )( ; ; )(嗚咽)
 
そしてIn The〜後の舞台裏での様子を入れてくれるJEさんまじでかゆいところに手が届く必殺仕事人!!!!!!!!
ここでさらに泣く( ; ; )( ; ; )
「ビックリしたぁ!すげえことが起きてたよ?なにあれ!全員が手つないでたぁ!なんでぇ?どうやってぇ?なんでぇ?知ってたぁ?そんなこと知ってたぁ?全員手つないでたの今のうた!!」
幼稚園生みたいに質問ばっかり繰り返す優馬くん最高に可愛いね( ; ; )ほんとにビックリしたんだね( ; ; )あ〜驚きすぎて赤ちゃんみたいな優馬くんほんとに可愛いなあ( ; ; )
funky8も「すごいなあ……!!」「やばない?」「やばい……!!」「これはやばいなあ!!」「ちょっと(スイッチ)入ってもた」って語彙力一気に低下する感じほんとに可愛い( ; ; )
優馬くんもまとくんが「なんでぇ?」って言ってるときに「優馬くんの力や!」って連呼してるのに一切耳に入ってないから(笑)、本当に興奮してたんだろうなと思うと愛しさしかない。
ほんっとに全員キレイに泣いてて、それが爽やかな青春の涙すぎてなんかもう純度がすごい。
あーーーなんていう青春ストーリー( ; ; )
 
それから交差点あとのMCもちゃんと入れてあってもうほんとうにかゆいところに手が(以下略)
これ見ると、優馬くんが「どうですか?解説員の丈さん!」って聞いて「良かったと…思います…!(泣きながら)…映すなよぉ!」っていう丈くんとか、「ちょっとハイタッチするとき泣かんとってくれる?うつるやん…」っていう優馬くんとか、引くぐらい嗚咽かましてる古謝くんとかDVDにないところまでいろいろ思い出して改めて形に残ってくれたことに感謝した( ; ; )
あと私がいちばん映像見て驚いたのは、
ジャニーズ事務所に入って良かったと思います」と発言したところでした。
その場にいたけど表情までは見えなくて、というかその言葉自体が先行して入ってきて感動しすぎたのもあるんだけど、こんっっなに照れた顔で言ってたのね…!?( ; ; )
恥ずかしそうに照れ笑いしながら、でもはっきりと言葉にした優馬くんみて改めて泣きました( ; ; )あんなに可愛い顔でこんな尊い言葉言ってたのね( ; ; )
なんていうかもう…ほんとに…真面目な顔でもなく照れ笑いしながらって…しかもその後いつものんふふ笑いしてるとか…ほんとになんていう…天使だ( ; ; )( ; ; )
あんなにいろんなことあったのにジャニーズ事務所に入って良かったっていう優馬くんも天使だけど、それを照れながら言うなんてほんとに真っ直ぐ育ちすぎだよ( ; ; )( ; ; )
 
そして屋良くんが登場したWアンコまで残してくれるのもほんとJEさん最高な!!!!
ここからもエモいから!In The〜からすでにエモいんだけどここもエモさしかないから!
一気に見るとほんとに過呼吸で死にそう……(笑えない)ほんっとによく生で見て生きて帰ってきたよな……
一人一人とがっちりハグ交わす屋良くんと、それに応えてキレイに泣いていくfunky8ほんと感動巨編すぎるよ……最後に優馬くんに抱きつくのもほんとに……( ; ; )!!
優馬くんに抱きついて頭わっしわしするところなんてほんっとに屋良くんの愛に溢れてて、なんていうか改めてこんなに愛情注いでくれる人に出会えて、幸せだし、優馬くんもほんっとに真っ直ぐその愛を受け止めてて、なんていうか本当にいい関係だなって思いました。
たぶんここだけ切り取っても、生命保険かなんかのCMに出来る。
だれかパロディーで作ってよ。秒で泣くから。
 
なんていうか本当に「宝物」だなって。
このツアーも、このツアーを通して出会えた人たちも、ツアーに参加した人たちも、ツアーを通して優馬くんが感じた感情も、この物語自体も、ぜんぶがぜんぶ「宝物」だなって。
ハケたあとfunky8とハグしながら屋良くんも「最高だ。最高すぎる。」ってつぶやいてたけど、それがすべてだと思います。
演者もそう思ったし、もちろん見に来たファンもそう思ったツアーでした。
 
さて、ぜんぶ書き切りました!!!!!
ツアー本編もドキュメンタリーも含めどれも最高でした!!
ひとつも余すことなく記録に残してくれてありがとう宝物にします…!と言いたい。
そしてぜんぶを通して言ってるけど、優馬くんの周りにはほんっっっっっとに愛が溢れているなあと、ファンはもちろんだけど、スタッフさんや、チーム優馬も、もしかしたらファンよりも愛してくれてるのかもなって。
ソロだからこそ、1人だからこそ、スタッフやチーム優馬全員の愛がぜんぶ優馬くんに注がれててすげえなあと自担ながらに正直いうとちょっと呆気に取られました。
 
ファーストツアーにしてのこのクオリティーと、語り継がれる物語を作ってしまったことは、次に向けての高いハードルなってしまうだろうけど、でも優馬くんなら、次も軽々と超えるものを見せてくれるだろうとすごく単純に思えています。
このツアーが「ゴール」ではなく、「通過点」になることでまたさらにこのツアーの尊さが分かるのではないかと思うので、今はとにかくはやく次の優馬くんを見たいです。
もし次のツアーに来た人が、ファーストコンサートもみたい!と思って見たのがこの映像だと思うとすでに誇らしいです。
(まあでも見れないんですけどね!!限定販売なんですけどね!!借りるしかないんですけどね!!←)
 
いやあここまで書いてみて、自分でも果たして読み返せるのか怪しいくらいの量ですが、いつか過去の自分が感謝しますようにと思いながらアップします!!
 
最後に。「次」がいつかは分からないけど。時間がいくらかかってもいい、一歩ずつ確実に歩いてくれればもうそれだけでいいです。「次」に時間がかかったとしても、機会をもらえさえすればまた素敵なLIVEをしてくれると信じているので、「その時」に備えます。優馬くんがまたコンサートを出来ますように!!
願いを込めて、終わり。