読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は希望

どんな時も君がいることを信じてまっすぐ歩いて行こう

優馬担としての2016年

2015年にも同じ記事を書きました。
今年1年の優馬くんのお仕事と、おたくとして感じたことをつらつらとまとめるだけの記事です。
sea813.hatenablog.com


まずは一応、今年1年の優馬くんのお仕事をザッと。

1月:「中山優馬Chapter1 歌おうぜ!踊ろうぜ!YOLOぜ!TOUR」DVD発売
4月:「目指せ♪ドリームステージ」公開、それいゆ稽古
5月:それいゆ(大阪公演)、「曇天に笑う」アクション稽古、「北斗-ある殺人者の回心」オーディション
6月:それいゆ(東京公演)、「曇天に笑う」撮影、Feeling Me Softly配信
7月:「ホーンテッド・キャンパス」公開、「曇天に笑う」撮影
8月:「曇天に笑う」撮影、「北斗-ある殺人者の回心」撮影
9月:「北斗-ある殺人者の回心」撮影
10月:「北斗-ある殺人者の回心」撮影、CROSS
HEART稽古
11月:CROSS HEART Live ver.
12月:CROSS HEART Musical ver.(東京公演)

こうやって見てみると今年は毎月休まずにお仕事してて嬉しいな~~!!
去年(2015年)は上半期畳み掛けるようにお仕事してくれて駆け抜けた感覚があったけど、逆に下半期はほぼほぼ何もなくて、それが4月まで約半年続いたので正直その間はこんなにも暇かと嘆いたのですが(笑)、あと年明けそうそうカウコンで死ぬほど落ち込んだので結構最悪な幕開けだったんだけど(笑)、まあふたを開けてみたら、バリバリ働いていて良かったな~と胸を撫で下ろしました。
ちなみに今年もカウコンがありますが、あまり期待せずに自己防衛本能剥き出しで見ようと思います(笑)
CDTVに出るのは寝耳に水すぎて予想外でしたが、年明け早々歌う優馬くんが見れるのは純粋に幸せだな~~と。ともかく2017年は良い年末年始が迎えられるようにと願っています……。
でも、あれからもうすぐ1年経とうとしてるなんて信じられない……。毎年飽きるほど言いますけど、寝て起きたら1年終わってる感覚……。
まあ残念なのは今年見れるものが少ないから、すぐに優馬くんの頑張りが確認出来ないことですが、逆にいえば楽しみが残ってるってことだから、まだまだおたく辞められないな~!とズルズル生き残り続けることになりそうです(笑)

優馬くん的には、主演舞台2本、映画公開2本、映画撮影(公開は2018年)1本、ドラマ1本と、俳優に関してのお仕事がかなり充実してた1年だったんじゃないかなと思います。
様々な雑誌の取材で、お芝居が大好きだから今は俳優を頑張りたい、いろんな役をやって、いろんな監督とご一緒したいと常に言っていて、やっぱり自分のやりたいことや、求めているものに関して軸のブレない人だな~と思っていて。そのためには努力も惜しまないし、果敢に挑戦する人だから、そのへんはすごく信頼して活動を見守っていられました。
ただ北斗をオーディションで勝ち取っていたことで改めて「あ、この人本気なんだな」と感じて、自分の思い描いたビジョンを実現させようと自ら行動できるバイタリティーには驚かされました。
見た目に反して、穏やかで柔らかくてどちらかというと淡白な性格だし、自分から目立とうとするタイプではないからこっちも緩く構えちゃうけど、実はうちに秘めた意思や熱量は人一倍ある人で、それを口に出さずに飄々としてる人だったな~とちょっと思い出した。
一見受け身そうに見えて、意外と自分から行動して攻めの姿勢を崩さないのが優馬くんだったな。
優馬くんのそういうところいちばん尊敬しているし、いちばん好きだし、そういうの感じる度に応援していてよかったなーと思う。
あと、ずっと感じてはいたんだけど、ソロ活動を始めてからの優馬くんは本当に安心して見れるというか。やってる事と優馬くんの言動も一致してるし、どれも強くて明確な意思だからこちらもちゃんとそれを応援しようと思える。
どこに向かいたいのか、どうなりたいのか、事務所はどうしていくのか、分かりづらくて何も見えない数年前とは確実に違うな~と今年はより一層感じました。でもそれも、その間にもドラマや舞台などの与えられた仕事と丁寧に真摯に向き合ってきてきちんと基盤を作った優馬くんがいたからなんですけどね。だから後は進むのみ(たくさんの作品に出会う)というステージに来ている気がして、すごくワクワクした1年でもありました。
もう舞台や映画を見ていても不安に思ったり、変に緊張したりせずに「優馬くんなら大丈夫」って思えるから、それはちょっと感慨深かったな~~。
10代から積み重ねたいろいろな経験は、着実に優馬くんの肥やしになっていると確信できるし、経験を無駄にしないような仕事をする人だから、本当に信頼できる人なんだよな~と心から思います。
私は自担は褒めて伸ばしたいタイプです(笑)
2017年も優馬くんがやりたいと思うことを思いっきりやって欲しいし、もっとたくさんの作品に出会えるといいなとも思います。
すごく俳優としての優馬くんにも期待しているし、軌道に乗るといいなーとあけすけに言っておきます!言霊!
あとこれは本当に個人的な意見だし、優馬くんがやりたいようにしてくれればいいんだけど、まずは質より量でどんな小さな役でもいいからとにかくいろんな役をこなすことを目先の目標にしていけたら、もっと優馬くんのやりたいことに近づくんじゃないかなーなんて思ってます。そのためにはもちろん事務所がどうしていくかとか、どう売るのかとか、いろんなこともあると思うけど、さすがにそこまで気にして応援するのは疲れるので(笑)、とにかく優馬くんを信頼して見守ります。


そして、自分の話。
優馬くんを応援する私の2016年の感覚としては、舞台と公開された映画2本でしか優馬くんの姿は見れませんでしたが、優馬くんにこんなにお仕事があるって思うだけで嬉しかったし、何も無かった半年があったから余計に嬉しさ増し増しだった感覚しかない!
唯一今年のうちにみれた主演舞台2本と映画2本も安定の満足度で、現場2年目の2016年もほとんど足を運べて個人的にも幸せだった~~!!
それいゆはいろいろ考えさせられて心に刺さりまくる上質な舞台だったし、何より1年も待たずに再演が決まって来年にまた淳一先生に会えるのが嬉しい( ; ; )( ; ; )またこうやって次のお仕事に繋げられたことは優馬くんの自信にもなったんじゃないかと思うと、要望送ったり優馬担も頑張ったなーと思います。
私は優馬担(自分含め)のことも褒めて伸ばしたいタイプです(笑)
ホーンテッド・キャンパスはあまり満足に映画館には通えなかったけど、スクリーンに大きく映る森司くんに感動したのは忘れられない思い出だし、DVDが優馬くんの誕生日にお家にくるし、クロスハートもだいすきなしぇんぱいとの初共演をこの目で見れたし、何よりずっと夢だった優馬くんの初ミュージカルをこの目で見れてもう思い残すことないし、ほんっと最高の1年でした!
残る曇天に笑うと北斗も、すでに公開されてる情報だけで期待度グングンあがってるから見るのが楽しみ!!
どちらも俳優・中山優馬にとってポイントとなる大きな仕事だと期待しています……!

あともうひとつ。これは今年特別思ったっていうわけでもないし、2017年に向けての目標というわけでもないんですけど。
自分の中ですごく大切な指針を見つけられた気がしたので、どうしても言葉に残しておきたくて。
レディキャで優馬くんが屋良くんから「何を目指して生きている?」って質問されてて、私も優馬担として考えてみたんですよ。
そしたら意外と明確にあって。
「ああこのためにファンやってたんだ、って瞬間に出会うこと」
だったんですよ。
正直優馬くんを応援することは楽しいことだけじゃないし、なんでこんなに上手くいかないんだろうって思うこともあって。でもそれでもちゃんと進んでて、ああ今この瞬間だーー!!っていう時があるんです。
その時ってすごく達成感と安堵感に駆られて、今まで辛かったこととか悲しかったこととかぜんぶぜんぶ吹っ飛んで、幸せのアドレナリンしか出ないみたいな感覚になるんですよね。報われたというか、ぜんぶこのためには必要だったんだ、辛さも悲しさも嬉しさも今までの全部がなきゃここに辿り着けなかったんだ、みたいな。それをこれからも見たいなって。
今まであった1回は、YOLOコンのオーラスで。
そんなにしょっちゅう感じられるようなことではないと思ってるし、1回だけでも何回も何回も思い出して幸せになれるし、それだけでも充分なんだけど。
何年、何10年、どれだけかかってもいいから、いつか、あれを超える瞬間に出会うことが、今の私の優馬担としての目指すものであり、きっとゴールだと思う。
それだけ簡単には出会えない瞬間だとも思っています。
でも、優馬くんなら連れて行ってくれるし、私ならちゃんと感じられる気がしています。

それから話は優馬くんのことに戻りますが、優馬くんのソロ活動についても(懲りずに)いろいろ考えた1年でもありました。
グループに所属してない分、テレビの露出も、活動の幅もどうしてもグループと同じようにはいかないわけで。
当たり前だけどどんな仕事も1人でぜんぶこなさないといけないとなると、必然的に仕事量もグループよりかは制限されるわけで。
個人仕事がない時でも、グループでの番組や音楽活動があるから姿が見れるという状況も少ないし。
いちばん大きいのは、グループ自体の知名度が上がれば個人名も覚えてもらえるとか、グループの誰かの知名度があがれば覚えてもらう機会が増えるとか、そういう可能性が一切ないことで。
ぜんぶ自力でやっていくしかなくて。
まあそもそもソロ活動とグループ活動を比べること自体が間違ってはいるんだけど、やっぱりジャニーズ事務所は「グループ」が主体の事務所だから、気にしちゃうのはもう避けて通れないと思う。
そうなってくると優馬くんはグループ分の働きを1人でしなくちゃいけないし、ジャニーズ事務所にいながらソロ活動って決して割りに合ってるとは思えないけど(笑)
そこから言い始めるとキリがないから、やっぱりグループに敵う、グループとも対等に渡り合える特別な何かを見つけられるといいなーなんて。
まあ優馬くんが楽しくやってくれるのが1番なんだけど、やっぱりファンとしては優馬くんの魅力を知ってほしい欲もあるからさ……!
でも逆に言うと、ソロ活動だと自分のやりたいことを積極的に出来るから優馬くん本人にとっては動きやすいだろうし、それに当たり前だけど来る仕事は全部「中山優馬」になわけで。
仕事の大きさ小ささ関係なく全部優馬くんがやることだから、優馬くんにしか出来ないことだから、それを見れる喜びは他より大きいなと思う。
本当に来る仕事来る仕事ぜんぶありがたく思えるし、全部優馬くんが求められてのことなんだと思うと、その分ありがたみは増すよね。
グループの誰かがいれば成立するのとは違う、優馬くんという存在だけが求められている仕事しか来ないのは、よく考えるとすごいことなんだと気づくしね。

出来ればポジティブな面だけ見て応援するのがどう考えても楽なので、そういう気持ちで捉えられる様にしたいなーっていうのが個人的な課題です。
好きだからこそいろいろ考えちゃうけど、好きだからこそシンプルに応援したいね。
「考えるな、感じろ」
を目標に2017年は生きます。
色んな事削ぎ落として、ただただ優馬くんが好きだという感情だけ持ってたいな~~。
あとは好きなものは「あ!これ好き!」って瞬間で分かる人だし、完全なる直感タイプなので、2017年もそういう肌に合うっていう感覚は大事にしていきたいし、そういうものにいっぱい出会えるといいなあと思います。
そういう感覚を磨くとさっき言った私の「目指すもの」に近づけるんじゃないかなーなんて。
だからちゃんと感じられる訓練をしておきたい。
あと来年はTwitterでもなんでもいろんな人と交流したいなーと思っています!
自分の中で吐き出して終わるんじゃなくて、共有していきたいです。
それいゆを観て、なんでも内に向いてしまう自分の世界を変えたいと思ったので、もっといろんな人と話して外の世界も広げて行きたいです。
だから来年もきっとこのブログにもTwitterにもいろいろ書き残すと思いますが、良かったら付き合ってください。
実はブログ読んでますとかの一言いつも地味にめちゃくちゃ喜んでますから(こっそり)

最後に、今年の優馬くんの仕事に関して書き残した記事貼り付けて終わりにします。
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com
sea813.hatenablog.com

2016年の優馬くんも尊かったです!!!!!ありがとう!
2017年は早々にクロスハート大阪公演が控えていてすぐに優馬くんに会えるし、終わったらホンキャパも北斗もあって、それいゆ再演もあります。すでにお仕事がいっぱい控えているのはすごく嬉しいことなのでこの勢いのままお仕事できますように…!!!!
皆様もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を!!!!!!