読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は希望

どんな時も君がいることを信じてまっすぐ歩いて行こう

それいゆを終えた優馬くんと雄大くんのお話。

それいゆが始まる前にこんな記事を書いた。

sea813.hatenablog.com

この記事の最後に

このふたりが共演する舞台の幕がもうすぐ上がる。プライベートもほぼほぼ一緒にいるこのふたりが舞台の上ではどんな化学反応を見せるのか。
それをこの目で見たら「たつゆまとは」の答えが見える気がする。このふたりが積み上げてきた時間がなんとなくだけど姿を見せる気がする。
ふたりが熱望して一緒に挑んだものの答えが、結晶が、どう目に映るのか。今とても楽しみです。

 と自分で綴っていた。今回はそのことに関する雑談すぎる雑談。

 

それいゆが無事に幕を下ろして数日経ってから。辰巳くんのWebの連載が更新された。

ビックリするほど長く、それいゆについて語られていた。優馬くんがよく言っている「雄大くんはアツい人!」っていうのがよく伝わってきて、読んでるこっちもあのカンパニーを思い出してグッときてしまった。

そして文字を読んでいるだけで、本当に濃密で充実していた日々だったんだろうなと分かったのもすごくうれしかった。

 

その連載の中で、辰巳くんが1番刺激されたのが俳優・中山優馬と名前をあげていた。

そこからずっと優馬くんについて語っているのだけど、それはそれはいろんな想いがこもった文で、ふたりが共演して過ごした時間は確実に意味のあるものになったんだなあと伝わってきた。辰巳くんは男としてこういう仕事をする人間として尊敬する、器のデカイ素晴らしい男と優馬くんのことをまっすぐ褒めてくれたけど、後輩だし年下でもある優馬くんのことを素直にまっすぐ尊敬すると言える辰巳くんこそ、器のデカイ男だなあと思った。

それと、一緒にやりたいねと言ってきたお芝居をやりつくして悔いはないと言っていた辰巳くんにもグッときたな。それって、本当に全力で挑んだ証拠だろうし、稽古終わりにご飯食べにいっても結局は今日の稽古の話や、芝居の話になっちゃたことすら楽しかったんだろうし、どこまでも向き合って、桜木と淳一先生として生きられたってことなんだろうな。今までもとっても良い関係だったけど、それいゆを経て、共演を経て、お互いの俳優としての姿を見て、よりお互いが刺激となる存在になれたんだろうなーと嬉しくなった。本当に相乗効果しか生まない素敵な関係だなと改めて。

そして自分が記事にも書いていたように、それいゆの中では確かに桜木と淳一先生として存在していたけど、たしかにふたりの間には「優馬くん」と「辰巳くん」としての時間も流れていて。ふたりが積み上げてきた時間も確かに存在している気がした。

淳一先生がピカピカの真っ白い靴をほらみて!って自慢していたり、贅沢禁止令のアドリブのくだりとか、コミカルなシーンは桜木と淳一先生の近しい間柄での距離感がうまく面白さを出していて、これこそ演じてるふたりの過ごした時間の賜物なんだろうなって。そういう意味でもとても良い化学反応だったなーと思います。

 

あとは、雄大くんから聞いたカンパニーの話も。

カンパニーに愛されて、カンパニーを愛して、時にはカンパニーを守ってもくれる、素敵な座長だと言っていて、それがなんとなく腑に落ちる感覚がして、ああ辰巳くんって本当に優馬くんのことよく見ててくれたんだなーと印象に残った。

私の感覚だし、本当はどうか分からないけど、優馬くんってきっと表立って自分が先頭で引っ張るような、自分が中心になって巻き込んでいくようなパワーのある座長ではなくて、こう下から持ちあげるような、みんながここに居たいと思えるような場所を作る座長なんだろうなと思っていて。

なんていうかすごく不思議な人だなあと。お顔立ちや、オーラはそれはそれは華やかで強烈な光を放っているから、真ん中にいて自分のペースに巻き込むタイプかと思いきや、そうじゃなくて穏やかな柔らかい光で自分じゃなくて周りを照らしていく人なんだなあと。

だからといって決して受け身なわけではなくて。自分がまず愛するから、皆も愛するんだろうし、優馬くんが努力するから皆努力するんだろうし、なんていうかちゃんと道標というか、前に立っているなあって思うのです。きっと誰よりも先に動いていたのはいつも優馬くんだったんだろうなあと思うのです。

だからこそあのカンパニーなんだろうし、みんながあんなにも生き生きと輝いていたんだろうなあ。(だってドリアンとそれいゆの合同BBQが開催されるって冷静に考えてもすごくない???同じ出演者が2人いるだけで合同で出来るのレベル高くない???)

 

辰巳くんがそれを教えてくれて、本当にいろんなところをよく見ているすごい人だなあと改めて思いました。

また共演して欲しいな。またふたりの姿を見たいな。純粋にそう思えた、初共演だった!ふたりのこれからに期待します。

またそれぞれお仕事をして、いろんなものを吸収してから、お互いにそれを見せあって、高めあえる場があればいいなーと心から思います。

 優馬担としては、優馬くんが刺激をもらえる人と出会えて良かったなーと思うし、刺激し合えて、相乗効果が生まれる関係の人がいる優馬くんは幸せ者だなーと思ってます。

これからもずっとそんな関係でいれますように。

 

さて。次に待ってるのはクロスハート。屋良くんとの共演だ。

コチラもコチラで違う良さがある関係なので、相乗効果しかないだろうなと思ってるし、屋良くんにとっても優馬くんが刺激し合える存在になってくれればいいなーと思っています。またこれも楽しみだ。

はーほんっと優馬くんが素敵な人たちばっかりに囲まれていて幸せだなァ…!!!!!!