読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君の名は希望

どんな時も君がいることを信じてまっすぐ歩いて行こう

欅坂46の『サイレントマジョリティー』が衝撃的だった話

タイトル通りです。最近よく見かけるからと、軽い気持ちで検索したらとんでもなかった。その時の衝動にまかせて今ここに書き残しにきてしまっていることから、私の衝撃度合いが分かるだろう。

女子アイドルのデビュー曲がこんなにカッコよくていいのか。いっさい可愛らしさのない反抗的な歌詞と攻撃的なサウンドがデビュー曲なんてアリなのか。

ちょっととりあえず見て。とりあえずMV見て。限定公開だから迷ったらすぐに見て。


欅坂46「サイレントマジョリティー」

リンク貼れなかったのでMVじゃないが、コチラもインパクトでかいぞ。最後の平手友梨奈さんの不思議な微笑み超ゾッとするから…!!(全力で褒めてる)

まず武骨な重機が佇む工事現場みたいな場所でアイドルが踊っているというアンバランスさがとてもクセになる。その無骨な場所で、若くて可愛いを売りとするアイドルが歌う曲とは思えない、反抗的な歌をうたっているのだ。

「君は君らしく生きて行く自由があるんだ 大人たちに支配されるな」「つまらない大人は置いて行け」「この世界は群れていても始まらない」そんなとても強い言葉たちが並べられ、好きに生きろ、未来は私たちのためにある、と叫ぶ。まるでそのメッセージはアイドルではなく、尾崎豊のようだ。歌詞にはたいして意味のないキャッチーなアイドル曲だったら軽い気持ちで楽しく聞けるが、この曲はそんな甘えは許してくれない。刺さるような、胸を抉るような攻撃性のある歌詞がまだ幼い、不安定でぎこちない声で歌われる。そのミスマッチさが幼い、まだ「子ども」と呼ばれる子たちなりに思っている生々しくて危なっかしい本音となってより届く気がする。またきっと今しか歌えない、もう少し経って大人になってしまうと鋭利さに欠けるであろう刹那も魅力になっているのかもしれない。

そしてもうひとつ。アイドルには欠かせない、グループの顔とも呼ばれるセンターもとても魅力的だ。名前は平手友梨奈さん。グループ最年少、2001年生まれの14歳だそうだ。これを聞いて何より驚いたのは2000年代に生まれた子がもう14歳になっていることだった。ちょっと待って怖い。いつの間にそんなに経ってたの。2001年なんてついこないだじゃない…!!急に年を感じた。今まで私も「若い」分類に入ってたし、なんなら今も「若い」の分類にカテゴライズしてもらえるかもしれないけど、そんな私でも驚くくらい時の流れが早い。

そんな私の感覚ではつい最近生まれた子が、センターに立っていた。MVの彼女はとてもミステリアスで無機質な感じで、独特なオーラを放っている。特にショートカットの揺れる髪からのぞく眼がとても不思議で刺激的だ。曲調からして強く睨みつけるような眼をしていても良さそうなのに、そういった圧力は一切なく、その変わりに凛と澄んだ空気を切り裂くようなパワーがあって、一瞬で引きこまれるのだ。あの眼を見るとすごくハッとする。あからさまな鋭さや闘志を感じるわけでもない、眠るように静かで、でもその奥底に誰にも譲らない意志と、まっすぐな強いエネルギーを感じる眼。この子のピンとした凛々しさがとてもこの曲に合っていると思った。

でも一番驚いたのはそこではない。私はこのMVを見た後、この平手友梨奈さんが気になって、いろいろな動画を見た。MV以外の彼女はさっきと打って変わってとても平凡に見えた。顔の印象もとても素朴でどこかまだ垢抜けないような子どもっぽさが残っている感じがした。あの時感じた、不思議なエネルギーはあまり見えなかった。本当にまだまだ子どものようなあどけなさが残っていてとても驚いたのだ。

と同時にやはりアイドルはすごい。センターはすごい。と納得した。なんでこの子がセンターなのだろう、前にいるのだろう、そう思ってもパフォーマンスを見たときや真ん中に立った時にすぐに理解するのだ。センターにはいつもそういう説得力がある。私はそのアイドルに真ん中に立った自身を持って「どうだ正解だろ」と教えられる瞬間が好きなのだ。そして「センター」という位置を務める責任感と覚悟を背負ったアイドルが圧倒的なオーラを放つ瞬間が好きなのだ。平手友梨奈さんはこの説得力がすごい。センターに選ばれたときは、震えた声で返事をし、ずっとうつむいたまま真ん中に収まった。そしてそのまま震える声で決意表明をした。あの子がこんなに、独特で圧倒的なオーラを放つから本当にアイドルってすごい。

このデビュー曲、アイドルらしくはないが、とても面白いと思う。こどもなりに、若者なりに、大人と対等に渡り歩く意志を持っている、私たちは支配される生き物ではないと言う、アイドル曲にしては詰まりすぎているメッセージが、アイドル曲のキャッチーさも混じっているメロディーで歌われることで、逆にスッと入ってくるのがすごく面白い。これこそ「若さ」を武器にしているアイドルにしかできない伝え方なのではないかと思う。そういう意味でも欅坂46のこれからが楽しみだし、次はどんなメッセージを武器にしてくるのかとても気になる。

要するに、こうやってまだまだ新しい形のアイドルに出会えるから、ほんとアイドルって楽しいよねたまんねー!!!!って話です。ここまで読んでなにをくどくど語っとんねん意味わからんわって思ったらとりあえずMV見よ。つべこべ言う前に一回見て。それか今週のMステに出るからそれ見て。なんかすげーから…!!!!!